お役立ちコラム

畳の張替えを那覇で依頼するなら見積もり料金が無料の【島袋たたみ店】
~畳の張替えを行うベストタイミング~

畳の張替えを那覇で行うなら~幅広い施工に【島袋たたみ店】が対応~

畳の張替えを行う業者を那覇でお探しの方は【島袋たたみ店】をご利用下さい。

那覇・糸満・豊見城などの南部、宜野湾・北谷・西原などの中部を対象エリアとする畳専門店です。お客様のご要望に合ったご提案と丁寧な施工を日々心がけております。

畳の張替えをはじめ、裏返し・表替え・サイズ調整・新調など幅広い施工を承りますので、那覇で畳のことでお困りでしたら、何でも【島袋たたみ店】へお任せ下さい。


畳の張替えに関する料金の見積もりは【島袋たたみ店】へ~施工までの流れ~

畳の張替えに関する料金のお見積もりは【島袋たたみ店】へご依頼下さい。現地調査・ご相談・お見積もりは無料で、畳一枚からでも承っております。

初めにお電話・メールでご相談内容や施工内容をお伺いし、現地調査の訪問日時を確認いたします。その後、お客様のニーズ・ご予算に合ったプランをご提案し、お見積金額にご納得いただけましたら、施工に取りかかるという流れです。

複雑な修繕や畳数が多い場合、その都度納品予定日をご報告いたしますので、安心してお任せ下さい。


張替えのベストなタイミングとは?

畳の張替えには「裏返し」「表替え」「新畳替え」の3種類あります。


● 裏返し

普段目にしている畳表を裏返しにします。裏返しのベストな時期は、新品の畳を使用してから3~4年くらいが目安です。ただ、以前張替えをしているという場合は2~3年くらいがベストなタイミングです。


● 表替え

畳の基礎部分である畳床だけはそのまま再利用し、表面になる畳表と畳縁を取り替えます。新しい畳表と縁になるため、新品同様の見た目です。新品の場合は約6年以降、前回の張替え後の場合は5年~9年で行います。


● 新畳替え

新品の畳も20年以上経つと、畳の隙間やへこみ、日焼けによる変色や傷みも目立ってくるようになります。また、芯の部分である畳床も使用に耐えられなくなってきます。長く使った畳と新品の畳とでは、居心地や香りなども変わるため、新畳替えがおすすめです。

沖縄で畳の修理を行う【島袋たたみ店】のコラム


沖縄で畳を修理に出すなら【島袋たたみ店】へ!

名前 島袋たたみ店
住所 〒900-0014 沖縄県那覇市松尾1-21-57
TEL 098-863-0750
URL http://tatami-shimabukuro.com

現地調査・お見積もり無料
お気軽にご相談・お電話下さい。


住所
〒900-0014 沖縄県那覇市松尾1-21-57
TEL
098-863-0750
営業時間
9:00~18:00
定休日
日曜日、正月(1/1〜1/3)、旧盆
・事前のご予約が有れば日曜営業致します、ご相談下さい。
・繁忙期(3月、旧盆前、11・12月)は日曜日も通常営業しております。

お忙しいお客様には朝早く出勤前にお預かりし、夜ご帰宅後に納品することも可能な場合がございますので、先ずはご相談下さい。